『ディアトロフ・インシデント』を見たいと思う?

見どころ/ストーリー紹介

今なお多くの謎が残る「ディアトロフ峠事件」の真相に迫るSFアクション
『クリフハンガー』のレニー・ハーリン監督が、世界10大ミステリーといわれる怪事件を追う。ファウンドフッテージの疑似ドキュメンタリーで、物語の世界に引き込まれる。
1959年、旧ソ連のディアトロフ峠で遭難した9人の登山グループが不可解な死を遂げる。それから約半世紀後、アメリカの5人の学生が事件の解明を目的に現地を訪れるが、彼らも同じく遭難してしまう。そして残された彼らのカメラには、驚くべき映像が映っていた。

公開:2012年 | 制作:アメリカ…

キャスト・スタッフ

出演 (ホリー) ホリー・ゴス
(ジェンセン) マット・ストーキー
(J・P) ルーク・オルブライト
(アンディ) ライアン・ホーリー
(デニース) ジェマ・アトキンソン
監督 レニー・ハーリン
音楽 ユーリ・ポテイェンコ
脚本 ヴィクラム・ウィート
製作 アレクサンドル・ロドニャンスキー
セルゲイ・メルクモフ
セルゲイ・ベスパロフ
レニー・ハーリン
キア・ジャム

管理人のレビューと採点

 
ネット掲示板でもよく取り上げられる「ディアトロフ峠事件」を題材にしたPOV方式の低予算映画。
途中までは良かったんだが、お話が荒唐無稽になってしまい残念でした。
クライマックスのドアに入ってからは、画面が暗くて何も見えないし・・・
どうせなら、本当にあった事件の方を納得できる解釈で解明した!的な展開にしてほしかった。
タイムスリップにテレポーテーションにミュータント化では、見ててバカらしくなってくるね。?


映画の通信簿:50点

ディアトロフ・インシデント
 

関連動画(YouTube)

関連ツイート(Twitter)

関連ツイートはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です