『殺し屋チャーリーと6人の悪党』に釣られとるやん

見どころ/ストーリー紹介

殺し屋と6人の悪党たちが生き残りを懸けて壮絶な争いを繰り広げる痛快アクション
サイモン・ペッグやテリーサ・パーマーら、個性的な俳優陣による怪演とブラックな展開が笑いを誘う。時系列や視点を入れ替えながら進む構成に引き込まれる。
バーを経営するジャックの妻・アリスは、青年・ディランと駆け落ちしようとしていた。妻の不貞に気づいたジャックは、殺し屋のチャーリーを雇い、殺害を依頼する。一方、歯科医のネイサンとその妻も借金を帳消しにするため、アリスの殺害を計画していた。

公開:2014年 | 制作:アメリカ…

キャスト・スタッフ

出演(チャーリー)サイモン・ペッグ
(サム)スティーヴ・ル・マルカンド
(アリス)アリシー・ブラガ
(ルーシー)テリーサ・パーマー
(ネイサン)サリヴァン・ステイプルトン
(ディラン)ルーク・ヘムズワース
(ジャック)カラン・マルヴェイ
(ブルース)ブライアン・ブラウン
監督クリフ・ステンダーズ
音楽ジョニー・クリメック
脚本ジェームズ・マクファーランド
製作ローレンス・マルキン
シェア・ストーリングズ
ターニャ・チェンバーズ

管理人のレビューと採点

 
サイモン・ペッグが殺し屋というだけですでにおもしろい。
評価の分かれる映画だが、自分は面白かった。
嫌いじゃない。
タランティーノが卒業制作で作ったような雰囲気がしたw
後には何も残らないが、見ている間は面白がれる


映画の通信簿:80点

殺し屋チャーリーと6人の悪党
 

関連動画(YouTube)

関連ツイート(Twitter)

関連ツイートはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です