『フィフス・パッセンジャー』を禁止してる理由てなんなのよ?

見どころ/ストーリー紹介

『スター・トレック』シリーズのキャストが放つスペースシップ・サバイバルスリラー
生に執着する人間たちが、密室の宇宙船で繰り広げる緊迫感に満ちたやりとりから目が離せない。人間同士の争いに謎の生命体まで加わるシチュエーションに戦慄。
2151年の地球は利益を享受する「市民」と人間扱いされない「非市民」で分けられ、熾烈な階級社会により荒廃。ほかの星を目指して地球を離れた宇宙船で、突然の爆発が起こってしまう。定員4人の脱出ポッドで人々は脱出するが、最後の船には5人が乗り…。

公開:2018年 | 制作:アメリカ

キャスト・スタッフ

出演(ミラー中尉)モーガン・ラリア
(フランクリン司令官)ティム・ラス
(アラナ)マリナ・サーティス
(トンプソン)マヌ・インティライミ
(マイヤーズ)アーミン・シマーマン
(カネロ)ハーマン・ウィルキンズ
(ラングドン博士)ダグ・ジョーンズ
監督スコット・ベイカー{監督}
音楽ラミン・コーシャ
脚本スコット・ベイカー{監督}
モーガン・ラリア
デヴィッド・ヘンリー・マーティン
製作スコット・ベイカー{監督}
モーガン・ラリア
マイク・フィリップス

管理人のレビューと採点

 
何故?誰に?どうして?すべてが疑問の映画。
「冷たい方程式」の回答は皆殺しだった。っていう雑なお話。
ひねったつもりだろうけど脚本が破綻してる。文句言う気も起きない酷さ。
せめてもう少しマシな女優はいなかったのか?


映画の通信簿:20点

フィフス・パッセンジャー
 

関連動画(YouTube)

関連ツイート(Twitter)

関連ツイートはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です