『遊星からの物体X』しか勝たん

見どころ/ストーリー紹介

南極観測隊基地で宇宙生物が蘇生!異形の怪物と死闘を繰り広げるSFスリラー
ジョン・カーペンター監督が、幼少の頃に衝撃を受けたSFホラーの古典『遊星よりの物体X』をリメイク。人やイヌと同化した怪物のおぞましいビジュアルは今観ても鮮烈。
1982年の南極。アメリカ南極観測隊基地に1匹のイヌが逃げ込んできたきた。そのイヌをノルウェー基地の隊員が執拗に追いかけてきた。状況を把握するためマクレディやコッパー医師がノルウェー基地に訪れると、そこには無残な死体があちこちに転がっていた。
2011年に、本作の前日譚を描いた『遊星からの物体X ファーストコンタクト』が製作された。

公開:1982年 | 制作:アメリカ

キャスト・スタッフ

出演(R・J・マクレディ)カート・ラッセル
(ブレア)A・ウィルフォード・ブリムリー
(ドクター・コッパー)リチャード・ダイサート
(ギャリー)ドナルド・モファット
(ノウルス)T・K・カーター
(パーマー)デヴィッド・クレノン
(チャイルズ)キース・デヴィッド
(ノリス)チャールズ・ハラハン
(ベニングス)ピーター・マローニー
(クラーク)リチャード・メイサー
監督ジョン・カーペンター
原作ジョン・W・キャンベル・Jr
音楽エンニオ・モリコーネ
脚本ビル・ランカスター
製作デヴィッド・フォスター
ローレンス・ターマン
ラリー・フランコ

管理人のレビューと採点

 
何十年にも亘って僕の中では一番大好きな最高の映画。
今見るとさすがに特殊メイクだけの映像に限界はあるが、
これが40年近くも昔の映画だなんて、もはやオーパーツ。


映画の通信簿:96点

遊星からの物体X
 

関連動画(YouTube)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です