『バイオハザード:ザ・ファイナル』・イズ・マイライフ

見どころ/ストーリー紹介

ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の大ヒットSFアクション・シリーズの第6弾にして完結編
監督はポール・W・S・アンダーソンが続投。人気モデルのローラが、アリスと共闘する女戦士として参戦。今作も、終盤にかけての畳み掛けるアクションは見応え十分。
人類滅亡のカウントダウンが始まった。アンブレラ社が開発した人工知能・レッドクイーンは、48時間で人類は滅びると宣言。全ての始まりの地・ラクーンシティに向かうアリスに対し、宿敵・アンブレラ社は全勢力を結集させて立ちはだかる。

公開:2016年 | 制作:アメリカ

キャスト・スタッフ

出演(アリス)ミラ・ジョヴォヴィッチ
(クレア・レッドフィールド)アリ・ラーター
(アルバート・ウェスカー)ショーン・ロバーツ
(アビゲイル)ルビー・ローズ
(ドック)オーエン・マッケン
(マイケル)フレイザー・ジェームズ
(コバルト)ローラ
(チュウ司令官)イ・ジュンギ
(クリスチャン)ウィリアム・レヴィ
(アイザックス博士)イアン・グレン
監督ポール・W・S・アンダーソン
音楽ポール・ハスリンジャー
脚本ポール・W・S・アンダーソン
製作ジェレミー・ボルト
ポール・W・S・アンダーソン
ロバート・クルツァー
サミュエル・ハディダ

管理人のレビューと採点

 
バイオハザードシリーズの最終作。よくもまあここまで引っ張ったもんだと感心する。 1作目は面白かったが、途中からはなんだかよく分からなくなってしまったシリーズの代表で、ホラーとサスペンス主体の物語のうちは面白かったのに、ジョヴォヴィッチが無双を始めてしまい、アクション映画になってからのこれじゃない感はハンパなかった。 今回も物語に物足りなさは残るが、それでもここ2~3作よりは楽しめた。 それにしても、当時は大きな話題になったローラのハリウッド進出って・・・大笑いwww 映画の通信簿:69点
バイオハザード:ザ・ファイナル
 

関連動画(YouTube)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です