わかりみすごすぎ=『レオン 完全版』

見どころ/ストーリー紹介

リュック・ベッソン監督がニューヨークを舞台に放つアクションエンターテイメント!
リュック・ベッソンの名を世界に知らしめた、映画史に残る傑作アクション。劇場初公開時にカットされた22分の未公開シーンを追加し、96年に公開された完全版。
プロの殺し屋として孤独な日々を送るレオンのもとに、家族を惨殺された少女・マチルダが助けを求めてやってくる。復讐のために殺しの訓練を乞う彼女を断りきれないレオンは、マチルダと奇妙な同居生活を始める。2人は徐々に心を通わせていくが…。
「レオン」と対をなすような作品「ニキータ」に出演しているジャン=ユーグ・アングラードが、完全版にだけ麻薬の売人役で特別出演している。

公開:1994年 | 制作:フランス…

キャスト・スタッフ

出演(レオン)ジャン・レノ
(マチルダ)ナタリー・ポートマン
(トニー)ダニー・アイエロ
(ノーマン・スタンフィールド)ゲイリー・オールドマン
(マイキー)ピーター・アペル
(マチルダの父)マイケル・バダルコ
(マチルダの母)エレン・グリーン
サミー・ナセリ
監督リュック・ベッソン
音楽エリック・セラ
脚本リュック・ベッソン
製作パトリス・ルドゥー

管理人のレビューと採点

 
たまたま見損ねていた名作と呼び声の高い本作をやっと見れた。 確かに、リュックベンソンの最高傑作だわ、これはw 大きな子供が殺し屋なジャンレノのキャラ造形と、ナタリーポートマンの一瞬しかないきらめきを無駄に消費するローリーな魅力が絶妙のバランスを醸し出している。 この2人が出会ったというだけで物語が完結して、その他のストーリーは枝葉でしかないが、それでいいと思う。 映画の通信簿:92点
レオン 完全版
 

関連動画(YouTube)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です